SSブログ
電子工作 ブログトップ

大人の科学「真空管ラジオ」用電源装置の製作 [電子工作]

これは自分の工作ではなく、長男くんの作品だ。彼も蛙の子は蛙のようで工作好きだ。小遣いをためて大人の科学 真空管ラジオを買ってきて組み立てたが、006P(9Vの角型電池)を5本も使うのが嫌なようで、ACで動くようにしたいという。
PICT1220.JPG

回路図と基板の実態配線図を描き、加工をしたシャーシと部品一式を1月には渡したのだが、春休みになってようやく組み立てを始めた。
ヒータ電源にLM317を使用しているが、これの向きが間違っていて1.5Vが出ない。実態配線図に向きを書かなかったので、1/2の確率に負けたようだ。
明日には、動くかな?

1.5V(実は1.2V)もちゃんと出るようになったので、本体と接続してみた。「ブ^~ン」ハム(商用電源によるノイズ)がすごい。波形を見てみると、ヒータ電源のリップルが大きい。手持ちの電解コンでは容量が足らないようだ。LM317の入力の最低電圧が4.5V もあるためだ。容量を増やさねば。トランス使った電源なんて、もう20年以上やってないもんね。(3/31 02:15追記)

電子工作 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます